スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が参考になりましたら、応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 株式投資ブログランキング

複利の効果はこんなにも凄い!

複利の効果を知っていますか?
利益(配当など)が出たらすべて再投資し、それを繰り返します。
最初は小さな利益でも、長期間再投資を繰り返す事で大きな利益へと育っていくわけです。

複利の効果
小さな利益・コストの積み重ねは長期で見れば、大きな差

例えば、1万円を年利10%で運用した場合、税金を考慮すると1年で1000円も利益は出ませんが、10年継続すると1万円が2万円以上に、30年継続すると10万円以上となります。
100万円だと10年で200万円に、30年で1000万円以上になるわけです。
複利の効果を得るには、分配金が出る投資信託の場合は分配金は受取りではなく、再投資する必要があります。

下記のケースにおける20年間の資産推移
100万円を年利5%で運用
100万円を年利10%で運用
100万円を年利10%で運用(非課税NISA用)
※月複利課税での数値です。配当金の有無などで変化するので参考程度に。

複利効果

もちろん実際の投資では、リターンが大きい時もあればマイナスな時期もあります。
あくまでも平均的なパフォーマンスが年利◯%で運用の場合という例です。
期待リターン5%と10%の違い。
同じ10%でも税金の有無の違い。
などがわかれば良いと思います。
投資信託だと手数料や信託報酬などのコスト面もチリも積もれば大きな差になる事がわかりますよね。
購入時にかかる購入手数料。
運用時の信託報酬。
どちらも低ければ低いほど良いのです。
最初は大した事が無いように見える差も長期運用の場合、複利効果によって加速度的に差がついてきます。

それにしても、税金の有無でも結構な差になりますね!
2014年から始まる非課税制度NISAは要チェックです。
NISA(ニーサ)で初めて投資をする人は必見!投資の際の6つの心構え
NISA(ニーサ)とは?利点と欠点、注意点
NISA(ニーサ)キャンペーン・取り扱い商品一覧
しかし、NISAには良い点悪い点がありますので、それは知っておく必要があります。
また、投資と貯金は違います。
世の中甘い言葉が多いですけが。。。
元本割れのリスクは「常に」背負ってるという事は忘れずに!
関連記事

記事が参考になりましたら、応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 株式投資ブログランキング

CATEGORY:投資信託【運用方法など】
TAGS:
THEME:投資信託 | GENRE:株式・投資・マネー

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

サイト内検索
「ファンド名」から詳細を調べる時にご利用下さい。
プロフィール

けん

Author:けん
2011年 投資信託を開始。
2012年 100万円に増額。
試行錯誤し、現在に至る。
2014年以降はNISAに変更。


※投資信託で使っています


※現物株で使っています

【年利10%以上を目標】

<2014年末の目標>
年利10.0%(1,259,165円)
年利12.5%(1,330,463円)
年利15.0%(1,404,508円)
※手数料・税引き後
(2012年頭より計算)


ファイナンシャルプラン
現在のポートフォリオ


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
株式投資ブログランキング
[管理用]
ショッピング
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。